« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月16日 (月)

芝生

先日 父親が来たとき 芝生の手入れをして行ってくれたのだが

毎回北海道からは来てもらえず 今日は教えられたように

芝生の手入れなんかをしてみた。しかし暑い!!30度を超える夏日だ。

暑くても日焼けは大敵down しっかりUVカットの上着を着ていざ作業。

黙っていても滝のような汗sweat01 よし痩せるかもなんて思いながら

まず 雑草を抜き 芝刈り機を発動!! 暑いうえに 安い芝刈り機は

音が煩い。「ご近所さんごめんね」と心の中で呟きながらの作業。

芝刈りが終わったら次は肥料を蒔く。今日この作業をしたのは

夜中に雨が降る予報が出ていたからだ。肥料を蒔いたら

水をあげるのだが 翌日も必ずたっぷり水やりをするように

言われいたので 夜中に降ってくれるなら明日の水やりはいらないわけだ。

で 今予報通り雨が降っているgoodやったね。

で たっぷ汗をかいたので 体重は・・・・

「???減ってない」まぁ そんなもんよね~down

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芋洗い

昨日 母親学級のときからのお付き合いのあるママ友達と

子どもの森に行く予定でしたが朝から大雨で 近場のプールに・・・

これがまたすごい人人人で まさに芋洗い状態sweat01

でもお子は久しぶりに会ったお友達と楽しそうに泳ぐというか

水遊びをしていました。子どもたちは 今は引っ越しなどで

お互いに住む場所も 学校も違うのだけど おなかの中にいるときからの

付き合いのせいかsign02 年に数回しか合わないのに 妙に仲がよい。

会ったとたんに「久しぶり~」と抱き合っていました。

プールの後 近くの体育館で男子新体操の演技があると言うので

ちょっと覗いきに行きました。 最初「見ない」といっていたお子は

一番はまって観ていました。TVでは何度か見たことがあるけど

私も実際に見るのは初めてで 団体の床運動に見入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

貧血

う~ん 相変わらず鉄分不足。

数値的には 通常の1/4位なんだそう。

でも 鉄剤飲むと気持ち悪くなるので×。

南部鉄瓶で頑張るしかないかぁ??(笑;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表会

1日日曜日 朝からお子のヒップホップの発表会で いつもと変わらない時間に起きました。

リハーサルもあるため 8時集合。 送り届けてから ダーリンと家でのんびり。

2回公演で 夜8時まで 12時間 ほぼ缶詰状態のお子達。

そうとう疲れていた様子で 帰り 夕食を食べるのも疲れてしまって

食がすすみませんでした。

私たちは 昼の部を観に行きました。

2列目だったけど 端の方だったので ステージ上のお子は

気が付かなかったようだけど 観に来てくれたお友達のYちゃんは

見つけたらしく いきなりニンマリ笑顔になっていました。

お花ももらって 上機嫌。

「玄関に飾ってね」と場所も指定されました。

花が枯れるまで 毎日「いい匂~い」と匂いを嗅いでいるお子は

Yちゃん大好きです。

今回の振り付けはかっこいいけど 難しくて苦戦してたけど

上手になったぁ~(親ばか) お子のクラスは4歳~2年生のクラスで

最年長ということもあり 責任重大。少しは自覚もあったようです。

ヒップホップは習っている習い事で1番好きなようで

練習を見ていても一生懸命な様子がうかがえます。

習いはじめのころに比べると 成長をかんじます。

遊ばないで先生の話も聞けるようになってきたところです。・・・やっとだけどね。

チームの中では 背も高くて見栄えがして 一見すごく上手に見えるけど

上のクラスと比べると やっぱり差は大きいかなぁ・・・

まだまだな感じがします。お子は2才年上の女の子 すでに上級クラス

のRちゃんが目標なのか 僕はRちゃんと同じクラスになりたいと

言っているけど いつになることやら・・・・

ジュニアクラスは中学3年生までだから それまでお互い続けていたら

可能性はあるかもね・・・頑張れ!!

8月のお祭りは 鬼剣舞とかさなるのだけど お子はヒップホップに出るそうです。

親的には 小さいうちに剣舞の衣装を着て踊る姿見てみたいなぁ・・・と思うのだけど

お子が習っているところは 子ども剣舞はないようで お祭りのとき唯一衣装を着て

歩けるチャンスなのだけど今の所ヒップホップ優先のお子なので

いつになったらデビュー出来るかなぁ。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

それで 親睦会

6月最後の土曜日の午後 PTAと先生方の親睦会。

体育館でソフトバレーボール大会。各学年対抗です。

PTAと言っても 出席者はほぼ学年委員。

各学年先生もいれて10人足らず×6の参加人数で 私的には

行事の意味がよくわかりませんsweat02

そんなを事いってもしょうがないのだけどね。

だけど 試合が始まり 淡々と勝ち進む2年生チーム。

三連勝中という4年生チームを破り 見事優勝。

その場では勝つとやっぱりもりあがるよね~

商品は500ml2ケースとジュース1ケース。

山分けですup

その後は 夕方場所を移して 懇親会いわゆる 飲み会。

子ども不可。この日ダーリンも仕事で これを理由に欠席に・・・

とも思ったのですが T家パパがまとめて面倒見てくれるという事で

行くことに。 受付をして・・・当日になってくる人とか 来なくなった人とか・・

gawkいいんだけどさぁ・・・ほら お金合わないとか言ってるし・・・

ってな感じで会が始まり・・・先生方なんかほとんど来てないし。

うちの学年なんて 担任の先生一人も来てないし・・・

でも それなりに盛り上がってはいたような・・・

私は1次会で帰ったけど 最後組は3時まで飲んでいたらしい。

思うに・・・全校生徒700人弱・・世帯数だともう少し少なくなるとは

思うけど その中の30人ほどの参加の親睦会って やる意味があるのか

ちょっと疑問に思う私でした。 飲み会なんか その場で行きたい人だけ

打ち上げに行けばいいじゃんって思うのは私だけなのでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨降りは家でマタリ

やろうと思えばやることは限がなく山積みなのだが・・・

こう天気が悪いと 家から出るのもおっくうになり ゴロゴロと

時間を過ごす ひがな1日である。

前回のアップから振り返る2週間。

お子の参観日 フリー参観で地域の人誰でもOKの参観日。

午後の2時間の間 出入り自由なんです。

お子 「来てね」と言われていたのと 役員の打ち合わせもあったので

ボチボチ行って見ると 驚くほどに人がいませんでした。

へ~ みんな来ないものなのね~sweat02 

まぁ 授業を見るだけなので 行っても行かなくても・・・でも

目があったお子が ニコッとする顔を見て「来てよかったかな」と

思う母でした。

その後週末のPTAと先生の親睦会の打ち合わせ。

親睦会後の懇親会係りを引いた我が学年wobblydown

私はサポートですが 学年委員長さんは大変そうでした。

実は私副委員長なんだけどね~・・・役にたっていません<m(__)m>

話し合いの間 お子は隣の図書室にいました。

帰りがけ 担任の先生と「学校に行きたくない理由」の話を・・・

ここのところ 黙っていると 宿題もせず遊びに夢中なお子。

で 突き放してみたところ 数日は朝早く起きてやっていたのだけど

寝過して間に合わなくなり 結局遅刻して登校することになったのだけど

その日の朝 「宿題やってないから学校を休む」と言うので

そのように 自分で学校に電話をしなさいと言うと 泣きながら宿題をはじめ

今度は「送ってほしいrvcar」と言うので「出来ない」と言うとまた

「学校行かない!!」と泣き出し数十分・・・・

で 気持ちが入れ替わったらしく 用意をして登校。

わが家は駅前なので さすがにこの時間小学生一人で歩かせるわけには

いかず 途中まで一緒に歩いて送っていきました。

遅刻理由も自分で話すというので お子にまかせたのですが・・・

先生からの連絡帳に お友達にちょっと嫌な事を言われて それがひっかかって

学校に行きたくなかったと答えたそうで・・・絶句です。

怒られないように理由をすり替えおまけに 他人を巻き込み・・・

結局家で 私にがっつり怒られる事になったお子でした。

で その事を先生と話すと 先生もちょっとおかしいとは思っていたようでした。

そりゃぁそうだよね。 でこれでちょっとは変わるかと思ったお子は

相変わらず朝慌てて 泣きながら宿題をやっているので これを

先生に相談すると 「帰ってすぐにできないのなら 学校でやってから

帰るように」とお子に言ったそうで 居残りは相当嫌なようで

その日から あっさり宿題をこなすようになりました。

ただ 宿題のノート&ワークブック等 学校に忘れて来る事があってね~sad

その時は 学校に行ってから急いでやってる様だけど 間に合わなくて

先生に怒られてるっぽいsweat01

自分の事だからね~ 親に言われると腹が立って・・・

なんていうのは いつの時代も同じで 自覚できるまで

気長に見守っていましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »